リスケの予備知識

3.リスケを行うタイミング

2017年03月15日 18時01分

ここまでご紹介した通り、リスケを行い返済期限に猶予をもらったり、
返済額を少なくしてもらったりという手続きは、
企業にとっては今後を左右する大きな決断であるといえます。
できればリスケを行わないことが事業を進めるには非常に重要であるといえますが、
タイミングを逃すと、最悪の場合「倒産」に追い込まれてしまうリスクに関しても
熟知しておくことが大切
です。
 
リスケを行うタイミングとしては、倒産すれすれまでに追い込まれたうえで行っても
意味をなさない
ということです。
ぎりぎりに追い込まれてからリスケを行っても、すでに状況が悪化している場合には、
リスケの効果を感じることは難しいといえるでしょう。
 
そのためリスケを行うためには、事前にある程度の資金を残しておくことが大切です。
1か月から2か月ほどの資金が残っている状態であれば、リスケで返済期限の猶予をもらうときや、
返済金額を減らしてもらえたときに、確保しておいた資金をリスケ後の返済に充てることができるからです。