リスケの予備知識

リスケの予備知識

会社やプライベートの会話の中で、「リスケ」という言葉を耳にしたことはありませんか。
これから銀行などの金融機関から融資を受けたいと考えている個人企業や法人企業の場合、
どのような事態に陥ったとしても対応できるように、
ビジネスで関わるリスケのような言語を予め知っておくことが大切だといえるでしょう。
 
目次
・リスケとは
・リスケを行うことによるデメリット
・リスケを行うタイミング
・銀行にリスケの交渉をする場合
・リスケを行う際の注意点
 
1.リスケとは
「リスケ」とは、英語のリスケジュール(reschedule)を省略してできた呼称であり、
ビジネスをはじめ、プライベートの場でもよく使用される言語です。
 
ビジネスで使われるリスケは、”リスケする”といったように用いられることが多いのですが、
英単語の意味を直訳すると「スケジュールを組み直す」という意味を指しています。
 
1-1.リスケが行われるとき
リスケがビジネスの現場で行われるときとは、「金融機関への返済期日の変更」などの事態でよく用いられます。
 
例えば、新しく法人を設立するときや、事業を拡大しようとして、
銀行などの金融機関から高額な設備投資を受けている企業があるとします。
毎月の返済期限は融資を受ける際から決まっていますが、経営状態の悪化から返済期日を変更したり、
返済額を減額してもらったりと、返済に関する猶予をもらえるように銀行側へ交渉することがあります。
 
様々な企業が日本各地、そして大阪・東大阪に存在していることから、
実際にリスケに至る企業も少なくないといえるでしょう。
 
1-2.返済期日とリスケの関係
リスケを行うと、融資を受けた企業側とお金を貸した金融機関側との関係性が悪化するというリスクが生じます。
一旦リスケを行うと、今後事業を再生させるため、または事業を拡大させるための資金など、
再び銀行から融資を受けられなくなるという大きなリスクが生じます。
 
返済額を少なくすることや、返済期日の猶予をもらうということは、
銀行から融資をしてもらえなくなるという大きなリスクが生じてしまうということです。
そのため、万が一リスクを行うことになった場合には、
抜本的に経営や事業の進め方、問題点の把握、問題に対してどのような解決策を打ち出していくかなど、
本格的な改善に取り組む必要がある
のです。





 

不動産相続 春日市

相続相談 春日市